スチールストーリージャパンホットニュース

 

   
hotnews

2018-05-21
鉄リサイクル業の現在及び将来を考える(18年5月)  
2018-04-07
有害使用済機器の保管等に関するガイドライン(第1版)平成30 年3月環境省  
2018-04-05
改正廃棄物処理法のうち、雑品等の保管に関する法令・処罰まとめ  
2018-02-16
改正バーゼル法検討会が18年1月9日「とりまとめ」を報告した  
2018-01-04
2018年 鉄スクラップマーケット概観  
2017-02-03
岐阜県の「使用済金属類営業条例」を考える  
2016-12-26
2017年・鉄スクラップマーケット展望(冨高試論)  
2017-01-13
鉄スクラップ業と「社会的信認」を考える  
2016-12-27
鉄屑カルテルから鉄鋼公開販売まで(1)  
2016-12-27
鉄屑カルテルから鉄鋼公開販売まで(2)  
2016-12-27
復活する金属屑営業条例(1)  
2016-12-27
復活する金属屑営業条例(2)  
2017-02-06
復活する金属屑営業条例(3)  
2016-11-28
一言コメント アーカイブ  
2016-07-22
鉄スクラップビジネスの経営戦略(提携・買収が進む。16年7月)  
2016-05-30
なぜ相場が安いのか(16年5月 講演会より)  
2015-12-26
2016年鉄鋼・鉄スクラップマーケットをどう見るか  
2016-02-10
鳥取県「使用済物品放置防止条例」案を可決・成立(追加)  
2015-11-03
企業経営、組合活動はどうあるべきか  
2015-10-22
「鋼材デフレ」と「鉄鋼集約効果」、「業者の合従連衡」を考える  
2015-07-06
「高炉・鉄スクラップ使用の歴史的推移と今後」私論(15年7月)  
2015-07-21
「無料回収」と「無許可」営業問題を考える(7月追加・改訂)  
2015-07-21
15年:鉄スクラップ相場の枠組みと「試算式」(6月22日改訂)  
2015-06-22
経産省「金属素材競争力強化プラン」(2015年6月19日)  
2015-06-23
放射能検査と鉄スクラップ輸出(増補・改訂。最新版6月22日改訂)  
2015-04-17
電力料金値上げと電炉再編を考える(4月15日増補)  
2015-03-24
世界の鉄スクラップ相場も「新常態」へ  
2015-12-05
千葉県、「特定自動車部品ヤード保管条例」を15年4月施行  
2016-11-03
金属類営業条例とは何か  
2015-08-20
リサイクル関連・各種法制  
2014-09-10
自動車リサイクル、国及び自治体の規制  
2014-08-03
自動車解体・部品ビジネスのいま  
2014-09-10
日本の鉄スクラップ輸出環境を考える  
2015-08-20
家電、小型家電リサイクルと廃棄物  
2014-07-03
いわゆる「市中品薄」を考える  
2014-08-22
再生資源業界・最近小史(明治~現在)   
2014-10-15
放射能汚染と検知器導入を考える  
2014-07-04
計量単位・C&F、FOB、FAS関係式  
2014-07-03
鉄スクラップ、レアメタル商品特性  
2016-07-29
基本データ(数量、組織、情報入手)  

社史作成

英文翻訳

鉄スクラップ総事典

鉄スクラップ史集成

鉄スクラップ業者現代史

近現代日本の鉄スクラップ業者列伝

 

18年 地条鋼問題と今後の中国の鉄スクラップ需給動向ーーまとめ

18年 地条鋼問題と今後の中国の鉄スクラップ需給動向ーーまとめ

 

1 目が離せない中国のスクラップ輸出(*SRR社 177月・調査レポートNO41

 

①地条鋼とは=小規模誘導炉による鉄筋棒鋼用半製品である。年間生産能力8,000t1t、全国に300社以上、中頻炉は全国に約2,000基あると言われる。

②製造工程=小型誘導炉で鉄スクラップを溶解し、鋳型(簡易な溝)に流しこんで長さ1m、単重8kg14kgの条鋼形状の中間半製品。中頻炉の規模は2t~5t程度。脱硫・脱燐処理、成分調整などは行われていないため、強度や靭性が劣る(規格外)と言われる。

③廃止=環境対策を施さず、政府は17 年6月末までに全廃することを決めた。

 

■廃止後の鉄スクラップの行方=既存メーカーが使うか、輸出されるかの2つだが、輸出の場合は40%の関税が障壁となる。中国政府は、40%関税は下げない方針。

20年になっても余剰が継続すれば、関税率引き下げを考えると発表している(中国廃鋼鉄応用協会)。宝鋼は転炉スクラップ配合を5%から12%に引き上げたとの情報がある。

 

■東南アジアへ設備移動=廃止設備が、ベトナム、タイ、ミャンマー、インドネシアに移動している。ミャンマーは中国企業が入りやすい地区で移転が進む。インドネシアでは設備と人が動いているとの情報も(スクラップ輸出先として迂回的な市場拡張が期待できる)。

 

2 中国、17年鉄スクラップ輸出は220.2万㌧=中国の鉄スクラップ輸出は17220.2万㌧。輸出が急増したのは地条鋼の取締りが伝えられた4月以降で、最高は950.8万㌧。1029.6万㌧、1136.4万㌧、1218.3万㌧。1817.7万㌧。25.2万㌧。

 

3 「懸念高まる新たな能力」(*産業新聞 18219中国鉄鋼最前線より抜粋)

 

能力置換政策=鉄鋼企業は新規の能力増強を政府に禁じられているが、既存能力を減らせば、同等もしくはそれ以下の能力設備を導入できる。

 

能力置換政策と電炉増産=江蘇沙鋼集団・沈文栄主席は、1712月中国冶金報で「18年に中国の電炉は100120基増え、生産能力は20004000万㌧増。電炉能力は向こう2年間で合計8000万㌧~1億㌧増える見込だ」。▽四川省では民営10社が、能力置換政策を利用して18年に既存の小型電炉29基(合計能力1200万㌧)を廃棄し、大型電炉を13基(合計能力1150万㌧)建設するなど、老朽炉に換え新鋭設備導入による能力増強が進んでいる。

 

「能力削減政策」に「設備能力の対策」=地条鋼製造の誘導炉から電炉への切換えは政府は禁じているが、実際は「中改電」として存在する。中国の東北大学冶金学院の教授は「中改電企業は11月までに96社、電炉を145基導入する。うち50基は稼働中で48基が建設中」と昨年12月発表した。1基50万㌧換算で18年中に2400万㌧の能力が増える計算だ。

 

「国内に余剰スクラップはない」=前記の沈文栄主席は「高炉・転炉の鉄スクラップ消費は年120006000万㌧。電炉は銑鉄70%、スクラップ30%配合だったが、17年にはスクラップ70%に逆転し、鉄スクラップ消費は8000万㌧増えた。転炉と電炉の鉄スクラップ消費は2億㌧以上。スクラップの発生は16000万㌧で、国内に余剰スクラップはない」

 

鉄スクラップ配合20%を目指す=中国廃鋼鉄応用協会は発生量は20年2億㌧、25年には3億㌧増えると予想。鉄鋼企業に配合率20%への引き上げや粗鋼生産に占める電炉比率20%を要請している。中国鋼鉄工業協会は高炉への直接投入の研究を開始した。

 

電炉化促進政策=工業情報省は1813日、CO2削減対策を兼ねて、高炉企業の電炉企業の転換を奨励する方針を発表した。また鉄鋼産業能力置換実施弁法でも「高炉・転炉から電炉への切り換えは等量置換が可能」と定めた。中国は電炉へのシフトを鮮明にした。