スチールストーリージャパンホットニュース

 

   
hotnews

2018-02-16
改正バーゼル法検討会が18年1月9日「とりまとめ」を報告した  
2018-01-04
2018年 鉄スクラップマーケット概観  
2017-09-27
廃棄物処理法改正による雑品スクラップ対策について  
2017-02-03
岐阜県の「使用済金属類営業条例」を考える  
2016-12-26
2017年・鉄スクラップマーケット展望(冨高試論)  
2017-01-13
鉄スクラップ業と「社会的信認」を考える  
2016-12-27
鉄屑カルテルから鉄鋼公開販売まで(1)  
2016-12-27
鉄屑カルテルから鉄鋼公開販売まで(2)  
2016-12-27
復活する金属屑営業条例(1)  
2016-12-27
復活する金属屑営業条例(2)  
2017-02-06
復活する金属屑営業条例(3)  
2016-11-28
一言コメント アーカイブ  
2016-07-22
鉄スクラップビジネスの経営戦略(提携・買収が進む。16年7月)  
2016-05-30
なぜ相場が安いのか(16年5月 講演会より)  
2015-12-26
2016年鉄鋼・鉄スクラップマーケットをどう見るか  
2016-02-10
鳥取県「使用済物品放置防止条例」案を可決・成立(追加)  
2015-11-03
企業経営、組合活動はどうあるべきか  
2015-10-22
「鋼材デフレ」と「鉄鋼集約効果」、「業者の合従連衡」を考える  
2015-10-14
直近マーケットを考えるー再び忍び寄る危機  
2015-07-06
「高炉・鉄スクラップ使用の歴史的推移と今後」私論(15年7月)  
2015-07-21
「無料回収」と「無許可」営業問題を考える(7月追加・改訂)  
2015-07-21
15年:鉄スクラップ相場の枠組みと「試算式」(6月22日改訂)  
2015-06-22
経産省「金属素材競争力強化プラン」(2015年6月19日)  
2015-06-23
放射能検査と鉄スクラップ輸出(増補・改訂。最新版6月22日改訂)  
2015-04-17
電力料金値上げと電炉再編を考える(4月15日増補)  
2015-03-24
世界の鉄スクラップ相場も「新常態」へ  
2015-12-05
千葉県、「特定自動車部品ヤード保管条例」を15年4月施行  
2016-11-03
金属類営業条例とは何か  
2015-08-20
リサイクル関連・各種法制  
2014-09-10
自動車リサイクル、国及び自治体の規制  
2014-08-03
自動車解体・部品ビジネスのいま  
2014-09-10
日本の鉄スクラップ輸出環境を考える  
2015-08-20
家電、小型家電リサイクルと廃棄物  
2014-07-03
いわゆる「市中品薄」を考える  
2014-08-22
再生資源業界・最近小史(明治~現在)   
2014-10-15
放射能汚染と検知器導入を考える  
2014-07-04
計量単位・C&F、FOB、FAS関係式  
2014-07-03
鉄スクラップ、レアメタル商品特性  
2016-07-29
基本データ(数量、組織、情報入手)  

社史作成

英文翻訳

鉄スクラップ総事典

鉄スクラップ史集成

鉄スクラップ史集成

 

直近マーケットを考えるー再び忍び寄る危機

■再び「逆有償」の議論も=国内外鉄スクラップ相場は、0809年以来の安値に沈んだ。当時は欧米発の信用・金融不安である「リーマンショック」が発端だったが、今回は中国発の「チャイナショック」。資源高を演出したBRICsの筆頭、中国の「バブル崩壊」が鉄鉱石、原油などの資源・エネルギーバブルの崩壊を招き、新たな危機を招きいれた(グレンコア・ショック)。加えて中国発の鋼材安とこれに頭を抑えられた世界各国の鉄スクラップ安がある。このため中国バブル(中国周辺国バブル)から海外輸出に活路を見出していた日本の鉄スクラップ市場も09年以来の安値に後退し、排出者から処理費用を徴収する「逆有償」の議論の可能性もでてきた。

 

■関東鉄源、11月積み9日入札・14,375円に転落、「チャイナ・ショック」の声も=関東鉄源協同組合は11月積み入札を109日行い、189.7万㌧が応札し、14,50014,200円で3件、2.0万㌧ができた。平均価格はH2・FAS14,375円(917,186円に比べ2,811円安)。15,000円割れはリーマンショック直後の0811月以来の安値。関係者は「チャイナ・ショック」と表現している。

 

■東鉄、購入価格は前年同期の半値以下へ=東鉄は103日、7日に続いて10日、全国5拠点の購入価格を500円引き下げた。特級価格(陸海とも)は、岡山15,000円(500円下げ)、九州15,500円(同)、高松14,500円(同)、田原15,000円(同)、宇都宮15,500円(同)。14年後半のピークだった926日価格(田原34,000円、岡山33,000円、九州34,000円、宇都宮34,500円、高松32,500円)の半値以下となった。 

 

■グレンコア・ショック1011日・日経新聞)=資源商社「グレンコア」に経営不安観測がでた。世界50カ国に資源を供給するグレンコアは鉱山の開発やトレーディング業務で大量の在庫を抱え経営不安説が浮上した。9月28日同社株価は29%下落した。▽非鉄金属や原油、穀物など資源取引を手がけるスイスの最大手企業。原油では世界の取引全体の3%を占める。「グレンコア・ショック」は資源商社への規制議論に一石を投じる可能性がある。リーマン・ショック以降の金融危機を経て、欧米は金融機関への規制強化にかじを切った。金融機関だけでなく「資源商社にも規制をかけるべきだ」との意見も増えている。資源商社が規制枠外にとどまれば危機発生時に金融システムのリスク連鎖が起きる懸念が根強いためだ。規制強化の声を受け、欧米規制当局は商社を対象に先物市場での持ち高制限などを検討している。ただ「規制強化が市場の流動性を下げる」との反論も聞かれる。資源商社は市場で存在感を強める一方、規制議論が追いついてないのが現実だ。

 

グレンコア・ショック:解説

 BRICsの台頭による供給増大(03年)と世界経済の失速による消費後退から、粗鋼需給は「供給過剰」と「消費過小」に落ち込み、粗鋼生産能力は中国だけで4.4億㌧(世界全体で7億㌧)過剰。中国が年間1億1,000万㌧強の鉄鋼製品の「ダンピング」輸出を続けており、世界の鉄鋼・鉄スクラップ相場の上値を押さえつけている。また世界経済は、米国の出口戦略である金利引き上げ観測と中国バブル崩壊などが加わり、IMFが「世界経済のリスクが増大した」(10月9日)との声明を出すまでに至った。▼このなかで資源商社の信用不安(グレンコア・ショック)が発生し、危機発生時に金融システムのリスク連鎖が起きる懸念から、欧米規制当局は商社を対象に、先物市場での持ち高制限を検討との動きが始まった。実体経済の「チャイナショック」に続く資源商社ショックの影響は(かっての078月サブプライムローンショックに続く099月リーマンショックがそうであったように)予断を許さない。緊張をもって見守る必要がある。

 

足元の需給・経済状況

 

■中国19月鋼材輸出、8,311万㌧(年換算11,000万㌧超)。過去最高が続く=中国貿易統計によると、9月鋼材輸出は1,125万㌧で前年同月比32%増。昨年12月(1,017万㌧)、今年1月(1,029万㌧)を上回る過去最高を記録した。1~9月累計輸出は8,311万㌧、年換算11,081万㌧、前年同期比27%増(14輸出9,378万㌧・前年比50.5%増)。中国の鋼材輸出量から世界の鋼材、半製品市場は大幅安に直面している。

 

■IMF委、世界経済リスク増大の声明国際通貨基金(IMF)は10月9日、国際通貨金融委員会(IMFC)を開き、「世界経済のリスクが増大した」との認識を示した共同声明を採択した。中国経済の減速がほかの新興国に波及し、世界経済の下振れにつながっている。「先進国は緩和的な金融政策スタンスを維持すべきだ」とし、新興国経済をさらに冷やしかねない米国の利上げ判断に慎重さを求めた。IMF世界経済見通し=IMF106日、15年世界成長は3.1%増、163.6%増と前回(7月発表)からそれぞれ0.2ポイント下方修正した。IMF専務理事は10月8日、世界経済見通しを下方修正したことを問われ「減速したが今年3.1%、来年3.6%の成長を見込み、回復が続いている」と述べ、金融市場などに広がる過大な不安をいさめた。